未分類

ラクビをやめたいと思った人の休止をした理由

ラクビを飲んでも効果を実感できなかった、もしくは短期のダイエットが終了したので解約してラクビを飲むのをやめる人がいます。どのような理由でラクビを解約する人が多いのでしょうか。

ラクビを飲みだしてから便秘になった

口コミの中にはラクビを飲んでも効果が実感できなかった、それどころか便秘になってしまった、という人がいました。ラクビは腸内フローラを整え、善玉菌を増やし悪玉菌を減らす手伝いをしてくれます。下剤のように薬剤で腸の動きを刺激したりすることはありません。そのため、便秘になった原因としては体質に合わなかった、もしくは体が変化している過程の一つだと考えられます。さほどひどくない便秘の場合は、継続してラクビを飲んで様子を見るのもよいですが、明らかに便秘がひどくなったり、腹痛で生活に支障が出るほどであれば直ちに飲むのをやめるべきです。
ラクビを飲み始めると同時に、ダイエットのため生活習慣を今までと変える人も多いと思います。ダイエットのために変えた食事内容や生活習慣を元に戻して原因をさぐってみるのもおすすめです。

ラクビを販売している悠悠館の公式サイトのQ&Aにも、下痢や便秘になった場合どうすればよいか、という質問がありました。体が慣れるまでは下痢や便秘の症状が現れる人もいる、とのことです。対応としては1日に飲む粒数を減らす、様子を見ていったん中止する、などがあるようです。

人によっては普段口にする食品にもアレルギー反応を起こしやすく、ラクビを飲んでも大丈夫か迷う人もいると思います。ラクビにはアレルギー表示義務のある特定原材料は含まれておらず、使用している原材料はパッケージにすべて記載されていまので、心配なようでしたら主治医に確認をとるのがおすすめです。また、ラクビにも配合されているキトサンはそもそもカニやエビの殻などの動物食物繊維がよく使用されるので甲殻類アレルギーの人は心配になるかもしれません。しかし、ラクビに使用されているキトサンは植物性のアレルギーフリーのものを使用しています。

詳しくはこちらで⇒ラクビの悪い口コミや効果無しは嘘!ダイエットに効果がある酪酸菌とは

ラクビを飲みだしてから下痢になった

ラクビを飲みだしてから便秘が解消されたという人以外に、ラクビを飲みだしてから下痢になったという口コミをよく見かけます。ラクビは腸内フローラに作用して腸内環境を整えてくれます。そのため、下剤のように便を出しやすくするというよりは、整腸作用があると言っていいでしょう。しかし、それでも下痢になってしまう人もいます。ラクビを飲み始めてから下痢になった原因としていくつか考えられます。

ラクビを使った好転反応の途中かも

一つ目は体が慣れ、腸が本来の調子を取り戻すまでの途中段階であることです。ラクビは腸内フローラを整える働きがあります。酪酸菌やビフィズス菌の働きにより善玉菌を増やし、悪玉菌をへらす効果が期待できます。その結果腸内環境が整い、便秘や下痢などの不調がでにくい腸内環境へと変化することができます。
良くなっていく段階に至ってはどのような症状が出るのか予想できない部分があります。今まで便秘気味だった人が下痢気味になったり、実感的に効果は感じないものの身体は変化している人もいます。対応としては様子を見ながら継続するのがおすすめです。ただし、悠悠館の公式サイトにもあるように、無理をせず様子を見ながら中止・継続を検討してください

ラクビが体質的に合わない

二つ目の考えられる理由は体質的に普段から下痢気味で、便秘をあまりしない人が飲んだ場合です。ラクビを飲むことで長年悩んでいたしつこい便秘が改善したという声を多く聞くので、人によっては効果が強く出すぎる可能性も考えられます。ただしラクビは下剤とは異なり、腸内フローラを整えて腸内環境を整える整腸作用もあります。そのため、長期服用し、腸内細菌が安定することで下痢もおさまる場合も考えられます。
生活に支障をきたさず、下痢による腹痛や違和感がなければ様子を続けてみても良いかもしれません。また、ラクビは腸内フローラを整えるため、毎日服用が推奨されていますが、下痢気味の人は2日に1回など少し間隔を置くことで、ちょうど良くなったという口コミも見られました。自分の体調を見ながら調整するのが一番よいでしょう。

ラクビを飲む量や回数が多い?

三つ目に考えられる理由として、量が多すぎるということです。
ラクビはサプリメントですので、1日のうちいつのむか、どれくらい飲むか明確には決まっていません。推奨されているのは1日1回1カプセルですが、人によってはより強い効果を期待して2カプセル以上飲んでいる人もいるかもしれません。決して悪いことではありませんが、それが原因で下痢を起こしているのであれば1カプセルに戻してみるとよくなる可能性が高いです。ラクビをたくさん服用したからと言って体重が落ちるとは言い切れません。逆に、便秘気味で1カプセルでは効果が弱い気がする、という人には1日2回2カプセル飲むなど量を増やして試してみるのがおすすめです。

アレルギーなどが原因?

四つ目に考えられる理由としては、単純に体質に合わない、ということです。ラクビはアレルギー表示義務のある特定原材料は含まれていません。そのためアレルギー反応が出る可能性は低いです。
普段口にしている食べ物でも、食べたら胃腸の調子が悪くなったり、食べると頭痛がしたりと体との相性が悪い食品があるかとおもいます。こればかりは個人差としか言いようがありません。同様にラクビに含まれる成分のいずれかと相性が悪い可能性が高いです。特定するのはかなり困難なので、この場合はすっぱり飲むのを辞めるしかないです。
ラクビは未開封の商品であれば返品することが可能です。ただし、商品到着8日以内で送料は購入者が負担、など条件があります。もし、ラクビが体質に合わず飲み続けるのは困難であり、未開封の商品がある場合は電話で問い合わせをしてみてください。

詳しくはこちらで⇒ラクビを解約したくない人におすすめの購入サイト

ラクビでしっかり痩せた

ラクビを飲みながらダイエットに励んだ結果、体重が減った、くびれが出てボディラインがはっきりした、など成果をしっかり感じられて人も多いと思います。中には3か月程度飲んだ後、しっかり痩せたのでダイエットを終了して飲むのをやめる人もいます。

もちろん、短期間体型をキープするだけならやめても大丈夫ですが、できればダイエットを辞めた後こそ継続してラクビを飲むのをおすすめしたいです。ラクビを飲みながらダイエットの結果が出たということは、燃焼しやすくため込みにくい状態に体がなっている可能性が高いです。ラクビを飲むことでその状態を維持しやすくなります。

ラクビに入っている善玉菌は酪酸菌とビフィズス菌B-3ですが、摂取した善玉菌が腸内にとどまるのは数日で定着するのが難しいです。もし、ラクビを飲むのを中止するとせっかくバランスが取れていた腸内バランスが崩れてしまう可能性が高いです。また、腸内環境を整えるのにも時間がかかったように、少しずつ時間をかけて再び腸内環境が悪くなる可能性が高いので、飲むのをやめてすぐラクビの効果が切れるとは限らず、数か月後に再びダイエット前の状態に戻っていくこともあります。

腸内環境はダイエットだけでなく、健康にも大きな影響を与えています。例えば悪玉菌が増え善玉菌とのバランスが崩れることで腸内環境が悪くなると、免疫力が落ち風邪や病気をしやすくなります。
風邪などの病気のウイルスや細菌は口や鼻から侵入し体の中に入ります。食べ物と同様に胃腸に到達すしますが、小腸に到達したウイルスや細菌は異物と認識され、便として体の外に排出することで体の中に悪いものがとどまらないようにしてくれます。
ウイルスや細菌から体を守る役割をしている腸が悪い状態では風邪をひきやすくなったり病気をしやすくなったりするのです。
ラクビは腸内フローラに着目して腸内環境を整えてくれるので、腸内環境のバランスが崩れやすい人はラクビを飲み続けることをおすすめします。

詳しくはこちらで⇒ラクビの配合成分しているデブ菌と痩せ菌の正体とは?!

ラクビを飲んでも痩せなかった

同じ薬や食べ物を食べても体の反応は様々で個人差がかなり大きいです。
ラクビを飲んでも痩せなかったという人の中には、他のダイエット方法と組み合わせたり、飲み方を変えることで効果を実感できる可能性もあります。
痩せなかった原因として考えられるものをいくつかご紹介します。

飲む期間が短い

一つ目は短期間で飲むのをやめてしまった場合です。
また、ラクビの効果を実感ができるほど体が変化するには時間がかかります。ラクビの場合、腸内環境を整えることからダイエットにつながりますので、3か月以上継続して飲むことを推奨されています。体重だけではなくくびれやお腹の出具合などボディラインの変化やお通じの調子など細かい変化から見ていきましょう。体重が減るのはくそれらの変化が感じられた後になることも多いです。

腸内環境が元々悪くない

二つ目は腸内環境がもともと悪くなかった人がラクビを飲んだ場合です。ラクビは腸内環境を改善することで、ため込みにくく燃焼しやすい体を作ります。痩せている人の腸内には善玉菌が多く悪玉菌が少ないため、善玉菌は痩せ菌、悪玉菌はデブ菌と呼ばれることがあります。逆に太っている人は腸内に悪玉菌が多いと言われています。しかし、腸内環境以外に太っている原因があるとすれば、ラクビの効果は薄いかもしれません。

食事が偏っている

三つ目は偏った食生活をしていた場合です。
ラクビは飲むだけで痩せるような薬ではなく、腸内フローラを整えるのをサポートするサプリメントです。腸内環境は普段食べている食事にかなり作用されます。ラクビを長期間飲んでも効果がない人は、ラクビの影響が及ばないほど、悪い食生活で腸内環境を悪化させている可能性があります。
具体的にどのような食物が悪玉菌を増やし善玉菌を減らしてしまうかというと、例えばファーストフードばかりを食べている、肉や脂が多い食事をメインで食べている、加工食品ばかり食べる、野菜や新鮮な果物をほとんど食べない、などが当てはまります。
肉のたんぱく質や過剰な脂質は悪玉菌のエサとなり、善玉菌が毒素を生産するもとになります。また、加工食品に含まれる保存料や添加物は腸内環境を悪化させると言われています。善玉菌を元気にして悪玉菌を減らす食事としておすすめなのは和食です。善玉菌のエサになる食物繊維を多くとることができ、乳酸菌を含む発酵食品である味噌や納豆なども摂取しやすいです。過剰な食事制限をするより、バランスの良い食事をとるよう心がけましょう。

運動をしていない

四つ目は運動を全くしていなかった場合です。
ラクビを飲むことで腸内環境を改善し、不要なものを排出しやすくなります。また、ラクビに含まれる酪酸菌が産生する短鎖脂肪酸は脂肪細胞に働きかけて脂肪を燃焼しやすくしてくれると言われています。
しかし、すでについてしまっている脂肪を効率よく落とすにはやはり運動とラクビを飲むのとを並行して行うほうが効果的です。また、腸の働きは運動と密接な関係があり、運動不足や、腹筋の筋力不足が便秘を招くことがあります。
激しい運動でなくて大丈夫なので、ウォーキングや軽い筋トレ、ストレッチなどの運動を取り入れると効果的です。ストレッチはお腹周りをねじったりのばしたりする動きも取り入れることで、腸の動きを刺激できます。また、胃腸を冷やすことで腸の動きは鈍くなりますので、お風呂につかる、冷たい飲み物や食べ物を控えるよう心がけてみてください。

詳しくはこちらで⇒ラクビの解約方法と嘘のような効果|解約した人の本当の良い口コミと悪い口コミ